横浜市 川崎市 伊勢原市 小田原市 秦野市 厚木市 海老名市 大和市 相模原市 町田市 鎌倉市 藤沢市 茅ヶ崎市 平塚市 座間市 綾瀬市 神奈川 東京の外壁塗装、雨漏り防水工事、屋根葺き替えならユーコーコミュニティーへ

最高級フッ素塗装工事実績9年連続全国受賞
国際規格(品質)ISO9001認証取得
0120-81-0344
お家の点検・お見積り無料

多くのお客様から高い評価と信頼をいただいた
おかげでございます。本当にありがとうございます。

工事を知る

ご不安解決解消Q&A

初めての外壁塗装

塗り替える理由

塗装しないとどうなるの?

塗装が劣化しますと防水効果が失われます。そもそも塗料は色をつける「顔料」と「樹脂」でできているのですが、紫外線により塗膜効果のある樹脂(油脂分)が失われ、「顔料」だけが残ってしまうのです。顔料だけが残った状態では防水効果がなく、吸水率が異常に高くなります。防水効果の薄れた外壁は次第にもろくなり、そのまま放っておくと内部の骨組みにまで影響を与えてしまいます。

42img02_01

防水効果が失われると吸水率が高まります。写真は防水効果がなくなり、水をかけると壁が水を吸ってしまっている状態

42img02_03

防水効果が失われ、水がたまってコケが生えた屋根

チョーキング現象(手に白い粉状のものがつく)

まず、塗装が劣化しますと防水効果が失われます。そもそも塗料は色をつける「顔料」と「樹脂」でできているのですが、紫外線により塗膜効果のある樹脂(油脂分)が失われ、「顔料」だけが残ってしまうのです。顔料だけが残った状態では防水効果がなく、吸水率が異常に高くなります。防水効果の薄れた外壁は次第にもろくなり、そのまま放っておくと内部の骨組みにまで影響を与えてしまいます。


実は新築でされている塗装は、あまり年数が持ちません。コスト面と工期短縮を重点において「アクリル樹脂」の塗料が使われていることが多いのですが、他の塗料に比べこのアクリル樹脂は年数が長くもちません。さらに、新築時は「長期に長く保つ」塗装というよりは「きれいに色をつける」という塗装のため塗膜が薄く仕上がっています。そのため長く年数をもたせる事は困難になっているのです。劣化の目安としましては、壁を手でさわると白い粉が付く「チョーキング」現象が一番、目ではっきりと判断できる目安になると思います。


しかし、この「チョーキング」も日がよく当たる場所と、あまり当たらない場所では、よく当たる場所のほうが、早く起こりやすいので、あくまでも一つの目安です。
後は、年数です。これもやはり、だいたいの目安ですが、7~8年。もちろん、お家の状態によっては、4年や5年で塗り替えが必要な場合もありますが、この7~8年が耐候年数としては限界かもしれません。ただし、あくまでも目安であり、家によっては8年経っていても「チョーキング」が少ないお家も実際にあります。
しかし、家を長生きさせるためには、年数で塗装時期を判断するのが適正かと思われます。

  • 0120-81-0344
  • メールでのお見積り・お問合わせ
  • ガイドブック資料請求

PAGE TOP