横浜市 川崎市 伊勢原市 小田原市 秦野市 厚木市 海老名市 大和市 相模原市 町田市 鎌倉市 藤沢市 茅ヶ崎市 平塚市 座間市 綾瀬市 神奈川 東京の外壁塗装、雨漏り防水工事、屋根葺き替えならユーコーコミュニティーへ

最高級フッ素塗装工事実績9年連続全国受賞
国際規格(品質)ISO9001認証取得
0120-81-0344
お家の点検・お見積り無料
塗り替え施工日記

塗装会社で働く女性社長のブログ by 阿部真紀

企業SNSの目的は?99.9%が敗者の激戦区で生き残る方法!

2019.05.02

 

 

昨日、2019年5月1日発売の、雑誌『戦略経営者』に、私たちユーコーコミュニティーが取り上げられました。見開きでカラー、しかも、「経営スクランブル」のコーナーでの掲載です。

 

 

令和元年の初日に、最高のスタートを切りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

記事の前半はダイバーシティ(多様な人材を積極的に活用していこうという考え方)について、後半はアナログとデジタルの融合、オウンドメディアの構築と運用、インスタの積極活用など、デジタルマーケティングについて話をしています。

 

 

それもこれも、きちんと情報を発信して来たことが要因です↓

情報発信の大切さ。なぜ、町の塗装屋さんにマスコミ取材が殺到するのか?

 

 

 

では、「情報は発信さえすればいいのか?」というと、以前も少し触れましたが、決して、そうではありません。以下のデータをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

これは、『平成18年度情報流通センサス報告書』(総務省情報通信政策局情報通信経済室)で、世の中に流通している情報量と、その情報の消費量を、表しています。少し見づらいグラフで、申し訳ありませんが、このデータから読み取れるのは、

 

 

流通している情報量が100なのに対して、消費量はわずか6.2しかない事実です。つまり、世の中に流れている情報の、実に、93.8%が読み飛ばされ聞き流され、ほとんど人の目にも触れることなく消えているということです。

 

 

しかも、これは平成18年(2006年)のデータです。Facebookは設立2年で、まだ日本に来ていません。YouTubeは設立1年、Twitterは産声を上げたばかりです。LINEやインスタグラムに至っては、存在すらしていない時代です。

 

 

今は、それらSNSの普及により、当時とは比較にならないほど、それこそ、指数関数的に情報が氾濫しています。既に、発信する情報の99.9%は読み飛ばされ聞き流され、ほとんど人の目に触れることなく消えていることになります。

 

 

「情報発信力」は、極めて重要です。が、「1億総情報発信者」になっている今、中途半端な情報を発信したところで、見向きもしてもらえません。発信する情報の、質も量も問われる時代になっていると思います。

 

 

今回、ブログで情報を発信していたことで、それがマスコミの方の目に止まり、雑誌を通じてさらに発信してもらえることになりました。これからも、読んで「面白い」と思ってもらえる0.1%の情報を1つ1つ丁寧に、発信していきたいと思います。

 

 

阿部真紀

 

 


 

この記事を読まれた方は、以下の記事も読んでいます。

 

 

ガラス張りの社会になって変わった、「企業」発信から、「個人」発信の時代へ

 

 

情報発信の大切さ。なぜ、町の塗装屋さんにマスコミ取材が殺到するのか?

 


もしよかったら、
お友達にも「シェア」してあげて下さい。

  • 0120-81-0344
  • メールでのお見積り・お問合わせ
  • ガイドブック資料請求

PAGE TOP