横浜市 川崎市 伊勢原市 小田原市 秦野市 厚木市 海老名市 大和市 相模原市 町田市 鎌倉市 藤沢市 茅ヶ崎市 平塚市 座間市 綾瀬市 神奈川 東京の外壁塗装、雨漏り防水工事、屋根葺き替えならユーコーコミュニティーへ

最高級フッ素塗装工事実績9年連続全国受賞
国際規格(品質)ISO9001認証取得
0120-81-0344
お家の点検・お見積り無料
塗り替え施工日記

塗装会社で働く女性社長のブログ by 阿部真紀

壁画制作の会社なら美大卒アート職人が日本一多いユーコーコミュニティー

2019.05.17

 

 

以下の、壁画制作のシーンを覚えておられますでしょうか。「女性塗装集団」と題した、先日の、TBS「林先生の初耳学」でテレビ放送されたワンシーンです。

 

 

 

 

 

 

このシーンの撮影の舞台裏というか、現場の裏話を少ししたいと思います。

 

 

あの木の壁画の絵が、いったい何だったかというと、実は、身長を測るための絵です。子供の頃に、家の柱や壁に、毎年、伸びた身長を記録したりしませんでしたか?お父さんお母さんが鉛筆やボールペンで、「Aちゃん、小学校4年生、135cm」といった具合に。

 

 

あの木は、子供の成長を記録するための絵なんです。

 

 

 

(身長180cmまで描いてあります)

 

 

 

まず最初に行ったのが、お客さまとコミュニケーションをとりながらの、ラフ案の制作です。スケッチブックに描いて、イメージをすり合わせていきます。

 

 

 

ラフ案1

 

 

 

 

ラフ案2

 

 

 

ラフ案をもとに、今度はデザインにしていきます。

 

 

 

デザイン1

 

 

 

 

 

デザイン2

 

 

 

 

デザイン3

 

 

 

 

デザイン4

 

 

 

 

デザイン5

 

 

 

最終的に決まった「デザイン5」を描いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、壁画制作の途中を、テレビで撮影していただいたのが、放送で流れたワンシーンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放送でもありましたが、彼女は美大卒で、しかも大学院卒の塗装職人です。超優秀です。「笑顔力」も社内トップクラスです。

 

 

で、完成品がこちらです。

 

 

 

 

 

 

このアートの特徴は、なんといっても、お子さんの成長とともに、作品も一緒に成長していく点にあります。

 

 

お子さんの身長が伸びるたびに、葉に色を入れて、成長を記録することができるアートです。お子さんが大人になる頃には、葉は色とりどりになって、華やかな大木に成長しています。そんな成長するアートです。とっても、素敵な作品だと思います。

 

 

阿部真紀

 

 

 

追伸、

お家やショップ、公共施設などに美大卒のアート職人が絵を描いています。ご興味のある方は、こちら↓

絵を描いて欲しい!

 

 

 

アートギャラリー


もしよかったら、
お友達にも「シェア」してあげて下さい。

  • 0120-81-0344
  • メールでのお見積り・お問合わせ
  • ガイドブック資料請求

PAGE TOP