横浜市 川崎市 伊勢原市 小田原市 秦野市 厚木市 海老名市 大和市 相模原市 町田市 鎌倉市 藤沢市 茅ヶ崎市 平塚市 座間市 綾瀬市 神奈川 東京の外壁塗装、雨漏り防水工事、屋根葺き替えならユーコーコミュニティーへ

0120-1010-19

地元密着の塗装専門会社 ユーコーコミュニティー

メニュー

外壁塗装って、
費用はどのくらいかかるもの?

外壁塗装の費用は、どうしてもお家一軒ごとに変わってしまうもの。
とは言っても、大体の目安が分からないと検討しづらいですよね。
ここでは12,800件以上の施工事例データベースから、外壁塗装の費用相場について簡単に解説します。

グラフで見る外壁塗装の費用相場

※足場、高圧洗浄、養生、付帯部の塗装などを含んだ工事全体費用で算出

戸建住宅の外壁塗装の費用相場は、90~140万円が中心価格帯です。
もっとも多いのは110万円台でした。
塗装をお考えの方は、まずはこのくらいの価格を目安にお考え下さい。

塗料別の相場

※30坪2階建ての場合の概算

塗装の費用は、使う塗料によって大きく金額が変わります。
長く持つ塗料ほど金額も高くなりますので、次回の塗り替え時期やご予算とのバランスを見て検討しましょう。

費用の内訳

外壁塗装工事はただ塗る作業だけではなく、下準備などいくつもの工程から成り立っていて、それぞれに費用がかかります。
工事金額の内訳を見てみると、塗装費用の次に多いのは足場費用で、およそ15~25%を占めます。

「足場を省けばかなり安くできるのでは?」と思うかもしれませんが、足場は品質、安全面でとても重要です。
外壁塗装には必須の項目なので、絶対に省いたりしないよう注意しましょう。
また、付帯塗装とは、雨樋や破風板、門塀など、屋根外壁以外の細かい部分の塗装です。お家によって量に違いがあるため、費用も変動します。

何をどれくらい塗装するのか分かるような、明瞭な見積もりを作ってもらいましょう。

具体的な作業内容

仮設足場

職人が安全に作業するための足場の組み立て・撤去作業です。

高圧洗浄

塗装する前に、汚れや古い塗膜を洗い落とします。

養生

塗料で汚さないように、周りの物や窓サッシなどをカバーします。

外壁の塗装工事

塗料の材料費や、作業する職人の作業費です。

付帯部の塗装

雨樋や破風板など、細かなパーツも塗装します。

その他諸経費
現場管理費

材料の運搬や廃棄物処理、工事中の管理費などが含まれます。

コーキング補修

※外壁の種類が、サイディングやALCの場合、外壁の継ぎ目にある目地コーキングを増し打ち・打ち替えで補修します。

屋根塗装工事

※スレートやセメント瓦などの場合、屋根も塗装します。劣化状況が悪い場合は、塗装できません。その場合は、屋根カバーもしくは屋根葺き替え工事になります。

洗浄、養生は塗装前の下準備で、きちんとした品質の塗装工事にするためには必須の項目です。
見積もり書には、これらの項目も含まれているか必ずチェックしましょう。

費用が高くなってしまう3つのパターン

①お家の階数

お家が3階建て以上の場合、足場費用が3~5万円ほど高くなります。
高さがある分、しっかり頑丈に組むために資材や手間がかかるからです。

また、2階建てでも高台などに建っていて、下まで足場を伸ばさないといけないお家も同様です。
安全な足場を立てるために必要な経費ですので、こうしたお家の方は覚えておきましょう。

②お家のデザイン性

お家の形やデザインが凝っていて複雑な場合は、塗装の材料や手間が増える分費用が少し高くなることがあります。

例えば、外壁に幕板・帯板と呼ばれる飾り部材がついているお家は、そこも塗装します。
このために外壁とは違う色の塗料を用意しなければいけませんし、塗り分ける作業も手間がかかってきます。

見積もり書に「帯板塗装:●m △△円」などと分けて書いてもらうと分かりやすいです。

③劣化状況

大きなひび割れや欠けなど、塗装だけでは直せない劣化があった場合は、別途補修をするための費用がかかります。

このような劣化を見落としてただ塗るだけで終わらせてしまっては、結局そこから傷んできてしまいます。

すぐにまた工事が必要になったら、せっかく全体の塗装をした意味がないですよね。
直すべきところはすべてきちんと直してもらえるのが、本当に適正な見積もり書です。

適正な見積もりは“丁寧な点検”から!

ここまでご紹介してきた金額はあくまで目安、概算ですので、
「そろそろ具体的に塗装工事を考えよう」と思ったら、信頼できる業者で点検を受けたうえで見積もりを作ってもらいましょう。

お家の設計図面があれば面積は正確に出せますが、外壁の劣化状態や細かい補修箇所、足場に関わるお家の周辺状況などは、実際に見なければ分かりません。

現地を見ないで見積もりを作ってしまうと、こんな可能性が…

  • ①「ここも直さないと」と後から追加工事が発生
  • ②「思ったより手間がかかりそう」と手間代の追加が発生
  • ③「別の材料に変えた方がいい」と材料代の追加が発生

これでは概算の目安も考えていた予算も意味がなくなってしまいますよね。